人材派遣FAQ

トップページ  >  人材派遣Q&A


人材派遣の疑問にお答えしました

Q:派遣と請負の違いは?

A: 派遣は派遣先企業の指揮命令者から直接指示を受けて派遣先の為に労働に従事します
  それに対し、請負とは、請け負った事業者が自社のスタッフに業務指示や労務管理を行います
  又、この場合の請負とは、仕事の完成を目的とする場合と事務処理を目的とする場合(「委託」という場合もあります)が有ります

Q:派遣できない業務とは?

A: 具体的に言いますと、以下になります

Q:派遣期間の制限は?

A: 平成27年9月30日に労働者派遣法が改定されました
  政令で定めるところの専門業務
以外の業務に対する労働者派遣についての、派遣期間の上限を原則1年(最長3年)とするものが見直されます。
  この日以後に締結/更新される労働者派遣契約では、全ての業務に対し、派遣期間に次の2種類の制限が適用されます。 ※同一の組織単位に継続して3年間派遣される見込みのあるかたには、派遣終了後の雇用継続のため、派遣元から以下の措置が講じられます。 ※派遣先が派遣労働者を受入れていた組織単位に派遣終了後、新たに労働者を雇い入れる際、一定の場合、その派遣労働者を雇い入れるよう努めなければならない事となります
 又、派遣先は直接雇用労働者の募集を行う際、一定の場合には、受け入れている派遣労働者に対しても、その募集情報を周知しなければなりません

Q:期間制限の対象外の人は?

A: 以下の人が例外として期間制限の対象外となります
  働き始めるときに、年齢を確認出来るもの、学生証、収入を確認できる書類の提示などが必要になるかたも有ります

Q:キャリア支援制度とは?

A: スタッフ個々の将来的展望を踏まえて、段階的・体系的にステップアップを支援する制度です
  弊社スタッフとして就業中及び就業予定のご希望者にキャリアコンサルティング(無料)を実施いたします
   メールでのお問合先はこちらからお願い致します  → 💌

Q:労働契約申し込みみなし制度とは?

A:派遣先が下記違法派遣を受入れた場合、その時点で派遣先がその派遣労働者にその派遣元におけるその労働条件と同一労働条件の労働契約申込みをしたものとみなされます。 ※上記に於いて派遣先が違法派遣に該当する事を知らず、かつ知らなかったことに過失が無かった場合は除かれます

Q:長時間勤務に対する医師の面接指導を受ける人は?

A:以下の人が対象となります。但し、前1か月以内に面接指導を受け、面接指導を受ける必要が無いと医師が認めた人を除きます   ※上記に該当し、医師による面接指導を希望する人が実際に受ける事となります

Q:労使協定(派遣法第30条の4第1項)についてはどのようになってますか?

A:締結致しました

Q:就業規則・労使協定の据え付け場所は?

A: ご就業中の皆様に直接関係のある最新版の就業規則・労使協定の原本を広島市中区舟入幸町22-8 3F「経理」に据え付けております
閲覧ご希望の方は原本ですので事務所常駐者にその旨ひとことお声掛けを頂きまして閲覧をお願い致します
※事務所が遠い・・というかたは担当営業にお声掛け下さい(コピー版の閲覧となります)
メールでのお問い合せはこちらからお願い致します → 💌 (メールでお問い合わせの場合、ご本人様確認が必要となります、あらかじめご了承ください)

Q:マージン率は?

A: こちらをご覧ください → マージン率